株式会社エコーロゴ

ネット集客の本当の可能性

もう一歩先、狙えます。

「うちはもう、一通りやっているからねぇ」

ネット集客がこれほど重要になった今、全くWEBマーケティングの類を行っていない方はいらっしゃらないでしょう。むしろ、一通りできることはやっている、という感覚をお持ちの方の方が多いのではないでしょうか。そして同時に、「これぐらいが今できるベストでしょ」と思っているかもしれません。ですが、はっきり言います、

間違いです。

すいません、言い過ぎました。とはいえ、よほどのレベルで改善に改善を重ねていない限り、そこには改善の余地があります。やったことのないことをやるべき、という話しではなく、やっていることのレベルがもっと上げられるという表現のほうが正しいでしょうか。ネット集客で「まだいける!」という可能性がどこに潜んでいるかを3つにまとめてみました。

WEBサイト改善で拡がる可能性。

WEBサイトを改善することで最終的に訪問者にこちらが望む行動(買い物や資料請求など)をとってもらえる確率、転換率を高めることができます。もちろん、既にやられていることかと思いますが、なかなか内輪の視点では良さをアピールしきれなかったり、様々な制約から消極的な改善に陥ったりしがちです。転換率を倍にすることができれば売上も倍になります。どれほど細かく改善を積み上げるが勝負の分かれ目です。

SEO偏重主義からの脱却で拡がる可能性。

かつてWEBマーケティングイコールSEOとまで考えられていた時代がありました。事実、検索結果の上位に表示されることは今も重要な手段ではありますが、SEOにばかり予算をかけている状況はWEBマーケティングという視点からはあまり健全ではありません。SEOに加えてリスティング広告やその他の販促施策を組み合わせていくことで、より盤石な集客体制が構築されていきます。

攻めのリスティング広告で拡がる可能性。

既にリスティング広告を運用されている方の中には、運用予算ありきで出稿されている方も多いかと思います。会社の規模がある程度になると、むしろそういった方が大多数かもしれません。予算を決めた運用は消極的・保守的になりがちです。より費用対効果を高く成果数も追っていくという姿勢で改善を重ねることで、リスティング広告にも伸びる余地がまだまだあります。

大口たたいてすいません。

あれよこれよと言いたいことを書いてしまいました。とはいえ、各会社の事情があり、世の中それほど簡単ではないことも理解しているつもりです。それでも、私たちの目から見て「これはもっといける」「もったいない・・・」と思うことがあるかもしれません。個別の事情を知った上でのご提案であれば、より精緻で納得度の高いものが提示できるかと思います。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。