株式会社エコーロゴ

業者の見極め方

騙されるの、止めましょう。

「業界大手だし、大丈夫だろう」

今も昔も、相手の会社の信頼度は商取引で重要な要素となってきました。それはそれで大いに正しいことだと思います。ある程度の信頼はできるのは事実でしょう。ただ、その会社が特定の分野に特化した会社でない限り、会社としての信頼と、そのサービスに専門性があって十分な成果をだせるかは別問題です。もし会社の名前だけで外注先を選んでいるとしたら、

いいカモです。

すいません、言い過ぎました。とはいえ、かなりの専門知識がなければ相手の聞こえの良い提案内容を信じてしまい、最終的には「えいや!」で決めざるを得ないというのが現状ではないでしょうか。このページでは、外注先選びで失敗しないための注意事項を3つのポインにまとめてみました。

値段や知名度に実力は比例しません。

悲しいかな、値段が高いものはすごい、という感覚がどこかにあるのは事実です。また、あそこだから大丈夫だろうという大手ならではの安心感があるのも事実です。ただ、値段や知名度に実力は比例しません。むしろ、担当者のレベルに比例します。大手でもエース級の人材に担当してもらえれば成果はあがるでしょう。あくまで、誰がやるか、が重要なのであって、会社の名前が重要なのではありません。

企画書のきれいさは実力に関係ありません。

美辞麗句やカタカナがたくさん並んだきれいな企画書。言うまでもありませんがこれも実力に関係ありません。さらに、しっかりとしたヒアリングに基づいた提案書ならまだしも、ヒアリングすらせずに持ってくる使い回しの企画書など言語道断です。扱っている商材や顧客の特性は業界や会社が違えば大きく変わってきます。そのあたりの前提を踏まえた中身のある提案をしない会社は会う価値もありません。

何でもできる会社は何もできない会社です。

世の中で流行ることにあわせて事業内容がどんどんと増えていく会社があります。最初は○○の会社だったのが今ではWEB周りの仕事もやっているといった具合です。集中と選択という有名すぎる言葉ではありませんが、何でもできる会社は何もできない会社です。確固とした専門性があってはじめて強みというものは成立します。幅広すぎる会社にはご注意下さい。

大口たたいてすいません。

あれよこれよと言いたいことを書いてしまいました。とはいえ、各会社の事情があり、世の中それほど簡単ではないことも理解しているつもりです。それでも、私たちの目から見て「これはもっといける」「もったいない・・・」と思うことがあるかもしれません。個別の事情を知った上でのご提案であれば、より精緻で納得度の高いものが提示できるかと思います。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。