株式会社エコーロゴ

お客様の声(3)

customer-miyagawa-catch01

「お客様に選んでもらえなくなる…」という危機感で決意

宮川さんはどのようなきっかけでホームページのリニューアルを検討されましたか?
customer-miyagawa-1

私どもは大正13年に創業した大阪府堺市の表具店です。ホームページを最初に作ったのは15年も前で、制作できる知り合いに頼んでとにかく安く作ってもらいました。

集客は、知り合いの方からの紹介や、大阪府堺市周辺への新聞の折り込みチラシを活用したアナログなものが中心でしたので、ホームページは更新もせず放置したまま月日は流れていきました。しかし、3年ほど前にあるお客様に「宮川さんとこのホームページ、古臭いね」と言われたことがきっかけで、近隣の同業店のホームページをいくつか見てみました。すると、当店とはまったく違って洗練された、依頼したくなるような同業店のホームページを目にしたんです。そのとき「これではお客様に選んでもらえなくなる…」と危機感を強く抱いたのでリニューアルを決意しました。

ホームページをリニューアルして受注が2倍

新しいホームページに求めたことは何ですか?
customer-miyagawa-2

せっかく作り変えるのだから、売上につながるようなホームページにしたいと考えました。最近はネットで検索していくつかの表具店を比較するお客様も多く、同業店と比較されても当店を選んでもらえるような魅力あるものにしたいなと。

決して安くはない金額をかけるので、これでいくら売上につなげられるのか、という視点で考えるようにしました。実際、制作ではかなりわがままを言ったと思います。たとえば、トップページは表具店らしさを全面に出したいと考えていましたので、色や書体、あるいは背景の唐紙模様の上品な質感にはかなりのこだわりを持っていました。はじめのうちはなかなかイメージ通りのものにならず、いくつもパターンを出していただきましたが、何度かのすり合わせを通して期待するものに仕上げてもらえ、とても満足しています。

また、うちの集客方法はアナログなものが中心のままだったので、ホームページのリニューアルが売り上げにつながるのか最初は半信半疑でしたが、アナログな集客をサポートできるようなホームページを提案していただけたのは目から鱗でした。そのおかげで、一年のうちで一番のピークとなる12月には例年の2倍の注文を受けることができました。そのお問い合わせしてくださった方のほとんどがチラシとホームページの両方を見ていたようで、ズバリ狙い通りだったのが嬉しかったです。

「売上を上げるための投資」という考え方がリニューアル成功の秘訣

今回のリニューアルが成功した秘訣は何だとお考えですか?
customer-miyagawa-3

一番は「どうしたら売上につなげられるか」ということにこだわったことだと思います。初めてホームページを作ったときは「みんな作っているし、うちも作らなくては…」としか考えていませんでした。しかし今回は、エコーさんの提案のおかげで、お客様が同業店と比較検討した際にどうしたら当店を選んでもらえるのかと考えるようになったことが良かったのでないでしょうか。

ホームページが完成してからも、継続して「どうしたら売上につなげられるか」と考えています。たとえば、現在お問い合わせいただくお客様の多くが見ている「施工例」の新着情報の更新を、どうしたらお客様にとってより有用な情報になるか、と試行錯誤しながら投稿しているんです。

昔のホームページは作った後は更新もせず放置していましたが、今回はスマホで簡単に更新できるように管理画面を用意してもらったことで更新の負担が少なくなりました。そのおかげで更新が継続できていますし、売上につながるような工夫に時間を使うことができていることが良かったんだと思います。

今後、エコーに期待するものがあれば教えてください。

チラシとホームページの相乗効果で近隣の集客は一つの成功パターンを作ることができたので、今後は遠方のお客様からも依頼いただけるように工夫していきたいです。

ホームページをリニューアルしてからは、堺市内だけでなく、少し離れた大阪市内からの問い合わせも増えたり、さらには東京の方から掛軸の修理の依頼をいただいたりするようになりました。SEO対策もうまくいっているおかげだと思いますが、本来、掛軸や巻物などは遠方の方でも郵送でやり取りはできますので、遠方の方からのお問い合わせも増やせるよう、ホームページの内容をもっと充実させていきたいと考えています。引き続き、サポートをよろしくお願いしますね。

customer-miyagawa-last

【加藤のコメント】
宮川様と初めてお会いしたときの印象は、全国技能グランプリで優勝経験のある表具師という「職人」であるにもかかわらず、とても親しみやすい方だというものでした。それをホームページに訪問された方にきちんと伝えたいという想いで、リニューアルさせていただきました。今回のリニューアルが比較的短期間で成果につながったことはとてもうれしく思いますが、宮川様がおっしゃるように、ホームページは制作したら完成ではありません。時間をかけて育てていくものですので、今後もさらに売上に貢献するホームページにしていけるよう、弊社も知恵を振り絞って一緒に試行錯誤していきたいと思った次第です。宮川様、インタビューへのご協力ありがとうございました。

宮川芳文堂
http://m-hobundo.com/